脱毛サロンで施術をする場合の注意点

サロン脱毛したいという女性は年々増えているようです。
これは脱毛サロンがとてもポピュラーになったからですね。

 

昔はニードル脱毛が主流で毛穴に針を刺して電流を流すという聞いているだけで痛くなるような脱毛でした。

また全身脱毛が何十万円もしたので、なかなか浸透しなかったし、
高値の花的な感じで一般市民には敷居が高かったのです。

 

でも今はレーザー脱毛が主流でしかもレーザーよりももっと痛みのない光脱毛のサロンが、
たくさん出来たので痛みもなく安いということも手伝って脱毛サロンでの脱毛がとっても身近になりました。

 

脱毛に行く前に注意が必要なこと

ところでそんな脱毛サロンでの脱毛ですが、注意しないといけないこともあります。

結構これって知っているようで知らないことだったりするので、
一度一緒におさらいいたしましょう。

日焼けをしない


黒いものに反応する光を当てるので、お肌が黒いとお肌に反応してしまい刺激を受ける可能性があります。
くれぐれも日焼けはしないようにしましょう。

 

毛抜きで毛を抜かない


毛抜きで毛を抜くという行為はお肌に大変な刺激を与えてしまいます。
脱毛する前はお肌に刺激を与える行為はやめましょう。

 

予防接種はしない


予防接種は知ってのとおり、したあとは軽く病気にかかっている状態になる場合が多かったり、
発熱の恐れもあります。
予防接種をして脱毛をすることで効果が半減したり、体に変調を起こす可能性があるので、
予防接種の1週間前後の脱毛は控えましょう。

 

怪我をしない

怪我をしていると施術はしてもらえません。
傷口が悪化してしまう可能性があるからです。

 

施術前後のお酒は控える


お酒を飲むと体温が上昇し、血行が良くなります。
血行が良くなりすぎると施術の後赤くなってしまったりかゆみが出る可能性があります。
施術の前後の飲酒は避けましょう。

 

また同じ理由でサウナや激しい運動も控えましょう。

 

施術日には日焼け止めや制汗剤は塗らない

施術前に日焼け度目や制汗剤を塗ってしまうと、毛穴を塞いでしまって脱毛効果がなくなります。
せっかく時間を使って通うのですから万全の体制で望みたいですよね。
これらのものを塗ることは何の意味もなくなってしまいます。絶対に避けましょう。

 

施術後は熱いお風呂に入らない。


施術をした直後に暑いお風呂に入ってしまうと赤み炎症を起こしてしまう可能性があります。
シャワーなどをさっと浴びる程度にしましょう。

 

保湿ケアをしっかりと


脱毛と乾燥肌は対局です。乾燥してると痛みをより強く感じたり効果が薄れてしまいます。
日頃からの乾燥肌対策をしっかりしておきましょう。

 

これらの注意を守って快適な脱毛を

いかがでしたでしょうか。

注意点をさくっと箇条書きにしてみましたが、どれも大切なことばかりですよね。

 

知っていたことや初耳だということもあるでしょう。しかしこれらを知っておくだけでも脱毛の効果が変わってきます。
これを是非頭の片隅に置いておいて脱毛サロンでの脱毛を効果あるものにしたいですね。

 

脱毛【愛知県】おすすめサロンはここ!トップページに戻る